クイックターンミラーレス

b0137723_0323038.jpg


そんなカメラのG1とG2。
これを撮ったのはクイックターンミラー付きのデジタル一眼レフカメラ
E-3+ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro
ですが、なにか?w

追記:なんか1,2,3って続いてるのに気がついて気持ちぃーw



 
クイックターンミラーは素晴らしい発明だと思います。
これから写すべき光の道をファインダーへと導き
そして写す瞬間、跳ね上がり撮影媒体へと引き渡す。
露光が終わると、またファインダーへ。

頭いいですね、これ思いついた人。

しかぁーし!
たまには頭悪くなるのもいいじゃないでしょうか!
人間だものw

ま、いつもちょっとおかしい私ではありますが
そんなこんなでLIMIX G1とCONTAX G2が大好きです。
E-3も大好きですが今回のお題に沿わないので好きじゃないことにしますw

まず、CONTAX G2。
このカメラレンジファインダーカメラですが一風変わっているようで
レンジファインダーというの距離の測定は別のところで行うという
今回はこの動作はおいといてミラーレスについてです。
レンズからの景色とファインダーで覗く景色は別物であるレンジファインダーカメラ
突き詰めていくと一眼の方がレンズに映るモノを見てるから、、、と言う話になりそうですが
そんなことはどうでもいいんです!と言う人向けだと思うデス。
逆にミラーでの反射した景色なんて偽物です!って言う言い方もあるのかな?
というか、精度とか本物とかは二の次なカメラ、だと言うのが私の認識。
クイックターンミラーの動作がない、ブラックアウトがない
そういった一眼と違うリズムを得られるのがこのカメラ。

かなり気持ちいいリズムに最近やられっぱなしです。

そしてLUMIX G1。
話題のイチガンカメラwまたの名を一眼レフレスカメラです。
無いものをあえてないっていう表記にしなければいけないのは
それだけ一眼レフが一般的な物であるという証拠だと思います。
私はその呼び方がどうのこうのいうつもりはまったくありません。
タダのパナソニック DMC-G1というカメラが気にいってます。

その動作はレンズで見える景色を撮影素子で受け、それを電子ファインダーで覗く
という、現代のコンデジと同じであり、
それをレンズ交換式にしただけのカメラです。
クイックターンミラーがないのですがブラックアウトは存在します。

この部分がまだ発展する余地のあるカメラだと思っています。
どういう手段で行われるかは判りませんが
将来的には物理的シャッター、もしくは電子シャッターは不要になると思っています。
それは撮影素子自身が受ける光の時間を管理し
例えば1/2000秒のみの光量を判断するようになる、と思っているのです。
技術の進歩で多分出来るようになると思います。
カシオのハイスピードムービー技術がそれに一番近いかななんて思ってたり。

そうなると、クイックターンミラーの動作はないはブラックアウトはしないはで
素晴らしい!って事になるとかならないとか。

そんなことを夢見ながらE-3の最高のフィーリングを楽しんでいますw

要は、いろんなカメラがあっていいじゃな~いって言う
お茶濁しのいつものパターンですよw
 
長文駄文、お付き合い頂きありがとうございました!
[PR]